FXのテクニカル分析

 

FXのテクニカル分析というのは、別名ファンダメンタル分析とも呼ばれているのですが、FX取引をしている人なら、多くの人が利用している分析の方法といってもいいと思います。少し前までは、テクニカル分析を理解していれば、FXで、ある程度勝てると思っていた人も多かったと思いますが、今のFX取引では、テクニカル分析を知っていたとしても、絶対に勝つことができるというわけではない状態です。テクニカル分析だけに頼ることなく取引をしていく必要があります。
FXでテクニカル分析だけでは利益を出せなくなった理由としては、オンライントレードが主流になったことで、誰でも、FXで取引をすることができるようになりました。そして個人の投資家の数が極端に増えていますから、個人投資家が増えたせいもあって、テクニカル分析を利用する人が多いので、通用しなくなったと言ってもいいでしょう。
素子テクニカル分析だけでは勝てなくなってしまった理由としては、テクニカル分析自体、数十年も昔に開発されていることで、その分析が数十年たった今通用しないということが、理由の一つです。また新たにテクニカル分析が開発されれば別ですが、このままでは、テクニカル分析だけに頼っていても、FXで利益を上げることはなかなか難しいと言ってもいいのではないでしょうか。初心者は、テクニカル分析にだけ頼らずに、自分でもチャートを見て、分析をするように習慣づけることも大切です。

FXの専門家

 

FXトレードをこれから始めるという人は、専門家にトレードの方法を教えてもらえればスムーズに利益を上げることができるのではないかと思っている人も多いと思います。しかし実際のところはどうなのでしょうか。専門家に教えてもらって取引をしたほうがいいのでしょうか。確かにFXの専門家の分析を参考にした上で取引をするということはとてもいいことですが、専門家の取引のスタイルをすべて信用してしまうと、場合によっては大失敗をすることもあります。FXの取引方法をそのまま実行して裏切られたりすると、実際に信用できなくなることもよくあります。
FX取引をする際に、専門家の取引について、参考にしてみるというのはいいかもしれませんが、失敗している人もたくさんいますから、最初から、資金すべてをつぎ込んだりせずに、専門家の言うことは、半分くらい信じて投資してみるのがいいかもしれませんね。
専門家によるFX取引のマニュアルが販売されていたり、セミナーが開催されていることもあり、高い値段でこれらが取引されていることもよくありますが、実際に利用するという場合には、よく考えた上で、本当に利用しても安全なのか、そのことについては忘れないようにしておきましょう。FXの専門家に騙されて、大金を損してしまったという人も実際には多いので、注意しておいた方がいいでしょう。
FX初心者は、専門家の投資スタイルを真似るより先に、まずは、トレードの仕組みをよく理解して、勉強することから始めましょう。

FXと税金

 

FXで利益を上げることができた場合には、税金を支払う必要が出てきますので覚えておきましょう。FX取引の場合の利益というのは、雑所得扱いになります。一般的な給与所得とは別の扱いになり、法律上給与所得以外の所得が20万円以上になった場合には、税金を支払う義務が発生することになっています。FXの場合には、20万円以上になった場合には、税金を支払わなくてはいけませんが、他にFX以外に雑所得がある人は、一緒に合算して確定申告をしてもいいことになっています。FXでの利益を計算するという場合には、1年の始まりである元旦から、その年の大みそかまでを計算することになります。日本の場合には、4月から新年度という計算が多いので、少し勘違いしがちですが、元旦から大みそかまでということになるのです。
税金がどれくらいかかってくるのか、FX取引を始めた人にとっては気になることだと思いますが、これは、FXの利益だけで見ないで、他の給与所得や経費などもかかわってくるので、とても複雑です。1年間の所得が、195万円以下の人の場合には、所得税が5%で、住民税が、10%かかってきますから、トータルで15パーセントという計算です。1年間の所得が195万円以上で335万円以下の人の場合にはトータルで20%、そして所得が335万円以上695万円以下の人の場合には、所得税が20%の住民税が10%かかってきますから、25パーセントの税金がかかるという計算ですね。住民税は所得に関係なく10%になっているのですが、所得税の方は、自分の所得の金額によって変わります。